林檎時計な日記

Apple WatchのセルラーモデルがMVNOに対応しない理由【林檎時計な1週間(2020年7月第2週)】

林檎時計な管理人(@GadgetJP2012)です。

少しずつ息を吹き返す「新型コロナ」の驚異を感じつつも・・・。

今週もまた頑張っていきたいものですね。

「CellularモデルがMVNOに来ない訳」 林檎時計な週間ニュース

先日、「ITmedia Mobile 」さんにて以下のような記事があがっていました。

参考:「なぜ、MVNOのeSIMでApple Watchが使えないのか――総務省・有識者会議でアップルが総ツッコミにあっていた」

 質疑応答では、有識者からアップル日本法人担当者への質問が集中。その中で、「Apple WatchのeSIMを開放しないのはなぜか」というツッコミがあった。

要はApple WatchのセルラーモデルがMNO(3大キャリア)以外で展開できないのはMVNOサイドからすれば「囲い込み」の意図があるのではないか?ということですね。

当然、Apple日本法人側はそのようなことを認めるわけもなく、その理由はあくまでも技術的なものであり、その対応にはビジネスチャンスンに基づく経営判断が必要なる、といった趣旨の発言がされています。

今回はこれらのやり取りの中で語られたと思われる「Apple WatchのeSIMの仕組み」が興味深かったので簡単にまとめておくことにします。

Apple WatchのeSIMの仕組みについて

Apple Watchも世代が進むことで「単独でできること」やオフラインでもできることはかなり増えてきています。

Apple Watchでできること
【2020最新】Apple Watchでできること【便利機能をまとめて解説!】Apple Watch(アップルウォッチ)があれば何ができる?何が変わる? 【林檎時計のある生活】ではApple Watchでできる様々な便利機能やその活用事例をご紹介しています。...

一方でiPhoneなしでの単独での通話やインターネット通信などは現状3大キャリアを介するセルラーモデルのみが対応しています。

このセルラーモデルでは一見するとiPhoneとApple Watchは1つの電話番号で運用されているように見えます。

ですが、実際はiPhone、Apple Watchそれぞれに1つずつの電話番号が割り当てられており、それを1つの番号で動いているかのように見せているというのが現状のApple WatchのeSIM、あるいはセルラーモデルの仕様とのこと。

つまり、Apple WatchのeSIMに単に電話番号を書き込めばいいという話ではない。

そして、こういった挙動を実現しているのがAppleと蜜月関係にあるとされる「エリクソンの技術」であるということです。

つまり、その技術を何かしらの形で導入するためにはMVNOにとってもコストが生じ、そこにコストをかけるだけの需要がApple Watchのセルラーモデルにはあるのかどうか? ということ。

Cellularモデルは3大キャリア以外でも使えるようになる?

現状、Appleとしてはそこにメリットは見いだせないという判断なのでしょう。もちろん、MVNOにとってもそこにはさほどメリットはない、という意味で。

実際、僕自身も完璧では何にせよ、GPSモデルでも「おおむね充分」といった評価です。

ソフトバンクからYmobileに移行した際も、この「セルラーモデルが使えない」というのは少々引っかかりはしましたが、それを止めるまでのものではありませんでした。

Apple Watchのセルラーモデルが3大キャリア以外もで使えるようになるかどうかは、ひとえにこのセルラーモデルがこれからどれだけ魅力的な体験を僕たちに提供してくれるかどうかにかかっていると言えるでしょう。

林檎時計な新着記事

先の1週間に投稿した新しい記事をご紹介します。

もしかすると「楽天ミニ」は最高のサブ端末かも!?

楽天モバイル限定端末「楽天モバイル」をモバイルWi-Fiとして活用するための方法をまとめました。「楽天ミニ」とApple Watchの組み合わせ、意外と相性良いですよ。

楽天ミニでテザリング
【楽天モバイルでテザリング】楽天ミニをiPhoneのルーターにする方法どうも、林檎時計な管理人(@GadgetJP2012)です。 今回は楽天ミニをテザリング機能でiPhoneのモバイルWi-Fiルー...

前回の「週間日記」はこちら

7月のアクティビティチャレンジはなかなかハードな設定になっているようです。頑張る。

アクティビティ「7月チャレンジ」達成に向けて【林檎時計な1週間(2020年7月第1週)】Apple Watchのアクティビティチャレンジ。今回2020年の「7月チャレンジ」の達成条件はと言いますと・・・、なかなかハードなものでした。...

1週間の注目記事

先週、特に多くのトラフィックを集めた人気記事などを中心にまとめてご紹介します。

いつまでたってもApple Watchユーザーの悩みは続きます?

Apple Watchのバッテリー節約方法
【Apple Watchのバッテリー節約術まとめ】電池の減りが早いときの解決方法を重要度ごとに紹介しますApple Watchのバッテリーを節約し、電池持ちを長くするための16の方法を「重要度」別にまとめています。...

その他の人気記事はこちらをどうぞ

林檎時計な1週間

それでは今回もApple Watchと過ごした1週間を振り返ります。

先週買ったもの

良い感じだったのでジョギング用のフェイスカバー、追加購入しました。夏場もなんとか乗り切ることができそうです。

ただ、コロナはやはり心配。ジョギングもこのまま継続できると良いのですが・・。

先週のアクティビティ

前回は久しぶりの一息となったApple Watchの「アクティビティ」でしたが、今週はしっかりと立て直しできたかと。

アクティビティ2020年7月第2週

関連記事:「アクティビティ」アプリの使い方

天候的には不安定な状況が続きますが、現在6日連続のオールコンプリートを継続中。

続いて「7月チャレンジ」。

7月チャレンジ「7月チャレンジ」

やはり今月は厳しいですね・・。

現在「1日あたり551キロカロリー」必要な状況。先週は「558キロカロリー」だったのでほとんど変わっていないです。

正直、「450キロカロリー」を下回ってくれない限りはまったく安心できません。

引き続き油断せず頑張っていきたいと思います。

先週の睡眠状況

睡眠状況については思いのほか良い感じです。

まずは「睡眠評価」から。

睡眠状況2020年7月第2週「睡眠評価」

関連記事:「AutoSleep」の使い方

少々キャプチャをミスっていますが、12日以外はまさかの「80%超え」。

12日は完全に睡眠時間不足です。何やら早朝に目が覚めてしまった模様。

ここまで良い数字が出るのはかなりのレアケース。ただ、いまいちピンとは来ていないのですが・・。

良かった理由としてはここしばらく課題としている「就寝時刻」。こちらが若干改善傾向になることと

就寝時刻「就寝時刻」

その結果、一番の課題である「深い睡眠」にも改善傾向にあるかな、といった点。

「深い睡眠」「深い睡眠」

ただ、正直なところ、まだまだ改善しているとの体感はありません。

「就寝時刻」にしてもまだ想定には程遠い状況です。

この結果に関しては良しとするよりも「いったん様子見」のつもりで経過を追って行くことにしたいと思います。

今週の目標

先週の目標は以下。

  1. ワークアウト:リング完成「5回以上」
  2. 睡眠:「24時半までの就寝」(緑)を「週5回以上」
  3. ブログ更新:2記事更新

結果はこんな感じ。

目標1:○ 目標2:☓ 目標3:○

「就寝時刻」についてはもう少し意識を高めつつ、継続して取り組んで行きたいと思います。簡単そうでなかなか難しい。

今週はブログの更新ペースを通常に戻しつつ、その他は先週の目標をそのまま引き継ぐことにします。

今週の目標

  1. ワークアウト:リング完成「5回以上」
  2. 睡眠:「24時半までの就寝」(緑)を「週5回以上」
  3. ブログ更新:3記事更新

それでは今週も林檎時計な1週間を頑張っていきましょう!

ありがとうございました。