使い方

ぜんぶ知ってる?Apple Watchの便利な小技&裏技【15選】

Apple Watchの小技

腕に収まる小さなデバイス。だけど、思いのほかいろんなことができるのがApple Watchです。

今回は知っているようで意外と知らない!? 使ってみるとけっこう便利!?

そんなApple Watchの小技&裏技を15個まとめてご紹介します!

【小技その1】Apple Watchで時刻を読み上げる方法

Apple Watchには画面を2本指で押さえると時刻を音声で読み上げてくれる機能があります。

この機能を有効にするにはApple Watchの「設定」アプリから以下の設定を行います。

アプリを起動したら画面を下にスクロールし「時計」をタップ。再度画面をスクロールし「時刻を読み上げる」をオンにします。

時刻を読み上げる設定「時刻を読み上げる」

「消音モードで制御」にチェック入れると消音モード中の読み上げは行われません。

【小技その2】振動でこっそり時間を教えてもらう方法

誰かと話をしているときに堂々と時間を確認するのははばかれるもの。時刻の読み上げなどもっての他!?

そんなときにはApple Watchの振動でこっそりと時間を確認する方法を使ってみましょう。

「Tapticタイム」はApple Watchが消音モード中に文字盤を2本指で長押しすると振動で時刻を教えてくれる機能です。

Apple Watchの「設定」アプリを起動し、「時計」>「Tapticタイム」の順にタップします。

Tapticタイム「Tapticタイム」

「Tapticタイム」をオンにします。

「数字通り」を選択するとApple Watchは10時間ごとに長い振動、残りの1時間ごとに短い振動、10分ごとに長い振動、そして残りの1分ごとに短い振動。この順番で時刻を通知してくれます。

「おおよそ」はApple Watchは5時間ごとに長い振動、残りの1時間ごとに短い振動、そして15分ごとに長い振動を。「モールス信号」はApple Watchはモールス信号で時刻を通知します。

【小技その3】Apple Watchの時間をすすめて遅刻を防止する方法

Apple Watchでは文字盤に表示する時刻の表示を本来の時間よりも最大で59分まで進める事ができます。

表示時間を進める設定

変更できるのはあくまでも表示上の時刻のみ。タイマーなどで使用する時間は本来の時間が使用されるので影響は受けません。

Apple Watchの表示時間を10分ほど早め、遅刻の防止に役立ててみるのも良いのでは?

【小技その4】隠れたiPhoneを光で探す方法

見つからないiPhoneを探し出す「iPhoneを探す」機能は利用されている方も多いのでは?

実はこの機能、iPhoneの音を鳴らすだけでなくフラッシュLEDライトを点灯させることもできるのはご存知ですか?

やり方は「呼び出しアイコン」をタップではなく長押しするだけです。

これで暗闇の中に隠れたiPhoneを見つけ出すのも簡単です。

【小技その5】隠れたApple WatchをiPhoneで探す方法

Apple Watchで「iPhoneを探す」の逆パターン。iPhoneを使って見つからないApple Watchを探す方法があるのはご存知ですか?

サウンドを再生iPhoneで「Apple Watchを探す」

詳しい方法は以下を参考にしてみてください。

【小技その6】電話の着信音を即消しする方法

急にApple Watchが鳴り出して慌てたことはないですか?

そんなときはApple Watchを手で覆い隠すようにすると即座に着信音を消すことができます。離れた場所にあるiPhoneの着信音も止めることができるので便利ですよ。

着信音を消す方法

【小技その7】電話にメッセージで返信する方法

電話に出ることができないときはApple Watchからメッセージを返信することもできます。

電話に出ることができない時

詳しい方法は以下を参考に。

【小技その8】アプリ画面で通知&コントロールセンターを出す方法

実は通知センターやコントロールセンターはアプリ画面など文字盤以外の画面でも呼び出すことができます。

コントロールセンターが表示されないとき

通知センターを呼び出すときは画面上部、コントロールセンターを呼び出すときは画面下部を長押ししてみてください。

【小技その9】Apple Watchの画面をスクショする方法

Apple Watchに嬉しい通知が届いたとき、時刻がゾロ目だったとき。なんとなくその画面を保存したいときってないですか?

Apple Watchではデジタルクラウンとサイドボタンの同時押しで画面をスクショすることができます。

ただし、事前にスクショを許可する設定が必要。

詳しい方法などは以下を参考にしてください。

【小技その10】Apple純正の標準アプリを削除する方法

watchOS 6以降のApple Watchでは「Radio」や「ノイズ」などApple純正の標準アプリの一部が削除できるようになりました。

画面を軽くタッチする標準アプリの削除

Apple Watchをより快適に使うなら、アプリに限らず不要なものは思い切って断捨離を進めるべき。

以下を参考に使用アプリの取捨選択をされてみるのも良いのではないでしょうか?

【小技その11】固まって動かないアプリを強制終了する方法

使用中のアプリがフリーズするなど動作が不安定なときはアプリの強制終了を試してみてください。

以下の手順は意外と知られていないApple Watchの操作方法の1つです。

  1. 終了するアプリの画面が表示された状態でサイドボタンを長押しする。
  2. 「電源オフ」画面が表示されたらサイドボタンを放し、デジタルクラウンを長押しする。
強制終了「サイドボタン」長押し>「デジタルクラウン」長押し

これでフリーズしたアプリを強制的に終了することができます。

【小技その12】デジタルクラウンの向きを変える方法

通常、Apple Watch本体左側に配置されるデジタルクラウンを簡単な手順で右側に移動することができます。

デジタルクラウンの位置デジタルクラウンの位置

「設定」>「一般」>「向き」>「DIGITAL CROWN」の左右を変更

位置の変更

今のデジタルクラウンの位置がしっくりこない方は試してみてください。

【小技その13】好きな写真をApple Watchの壁紙にする方法

お気に入りの1枚の写真をApple Watchの文字盤の壁紙に設定することができます。

写真文字盤

以下を参考に設定してみてください。

【小技その14】Apple Watchの画面を白黒(モノクロ)のする方法

ビジネスシーンなどにApple Watchを持ち込む際は派手な色目を抑えたいこともあるでしょう。

そんなときはApple Watchの画面表示を白黒のモノクロ表示(グレースケールモード)に変えてみるのも良いでしょう。

これが

通常表示

こうなります。

グレイスケール表示

「グレースケールモード」の設定手順は以下を参考に。

【小技その15】Apple Watchの便利な情報を手に入れる方法

Apple Watchの便利な使い方をもっと知りたい! と思いませんか?

そんなときは・・・

このブログをあなたが今お使いのブラウザで「ブックマーク」してください<(_ _)>

RSSのご購読も大歓迎♪ よろしくお願いします!
follow us in feedly

【まとめ】Apple Watchの便利な小技

今回は林檎時計な管理人(@GadgetJP2012)も比較的使うことの多いApple Watchのちょっとしたテクニックを中心にまとめてみました。

他にももっと便利な小技や裏技もあるかもしれません。

なにか”いいネタ”、ご存知でしたら教えて下さいね。

Apple Watchでできること、もっと知りたい方はこちらの記事もチェックしてみてください。

Apple Watchでできることと管理人の活用事例を徹底解説しています。

Apple Watchでできること
【2020最新】Apple Watchでできること【便利機能をまとめて解説!】Apple Watch(アップルウォッチ)があれば何ができる?何が変わる? 【林檎時計のある生活】ではApple Watchでできる様々な便利機能やその活用事例をご紹介しています。...

管理人愛用のお薦め文字盤はこちら

Apple Watchの文字盤解説
管理人愛用のApple Watchおすすめ「文字盤&コンプリケーション」徹底解説【2020年Series5・Series3対応】【Series3 & Series5対応】 管理人がApple Watchで使用中の3つの文字盤と便利なコンプリケーションをご紹介します。あなただけのApple Watchづくりの参考にしてください。...

管理人厳選のおすすめアプリはこちら

Apple Watchおすすめアプリ
Apple Watchおすすめアプリ【2020年版】どれも必須で便利な人気アプリ16選数多くのApple Watchアプリを使い続けてきた管理人が何度も断捨離を繰り返し、厳選に厳選を重ねた便利なおすすめアプリをご紹介します!...