使い方

コントロールセンターの使い方とカスタマイズ

Apple Watchのコントロールセンターでは

  • 「バッテリー残量」や「Apple Watchの状態」の確認
  • 「通信状況」の確認と切り替え
  • 「消音モード」などのモード切り替え
  • その他の設定や機能の呼び出し

などの操作を行うことができます。

ここではコントロールセンターの使い方や各機能の解説などをまとめます。また、意外と多いトラブル(?)でもあるコントロールセンターが開かないときなどの対処方法なども紹介しています。

コントロールセンターの表示方法

「文字盤」を表示した状態で画面を下から上にスワイプすると画面下よりコントロールセンターがひっぱられるように出てきます。

スワイプでコントロールセンターを表示下からスワイプで表示

コントロールセンターを閉じる際は開く際とは逆方向、画面を上から下にスワイプします。「デジタルクラウン」、もしくは「サイドボタン」を押すことでも閉じることができます。

コントロールセンターを閉じる上からスワイプで非表示

「文字盤」以外の画面ではスワイプでコントロールセンターを表示させることはできません。アプリを起動しているときなどは下記の方法を使ってコントロールセンターを表示させてください。

開かない!? コントロールセンターが上手く表示されないときの対処方法

「あれ? コントロールセンターが全然出ないんだけど・・・」

自分の指先が悪いのか、Apple Watchの反応が悪いのか? 思うようにコントロールセンターが表示されないときってありませんか。

そんなときはApple Watchの画面下部をタッチしたままにしてみてください。

コントロールセンターが表示されないとき上手く表示できない時は画面下部をしばらく押さえる

すると画面の下からコントロールセンターの上部がひょこっと顔を出します。これを上に持ち上げるような形でスワイプすると、コントロールセンターを上手に表示することができますよ。

コントロールセンターの編集・カスタマイズ

コントロールセンターで表示されるアイコンは好きな順番に並び替えることが可能です。頻繁に使う機能などを上部に表示させておくと良いでしょう。

アイコンの並び替え方法

コントロールセンターの最下部にある「編集」をタップするとアイコンが軽く揺れる様に動き出します。動かしたいアイコンを希望の場所までドラッグします。

アイコンの並び替えドラッグして並び替え

追加や削除はできない模様

Apple Watchのコントロールセンターでは現状、iPhoneのようにアイコンの追加、削除は行うことができないようです。今後、コントロールセンターで使用できる機能などの追加があれば対応するかもしれませんね。

各アイコンの意味と機能の説明

コントロールセンターに表示される「ステータスアイコン」と「機能アイコン」の機能や役割などを解説します。

ステータスアイコン

通知センターの最上部に表示される「ステータスアイコン」は「Apple Watchの状態」を表しています。

ネットワーク接続状態

左上のアイコンはApple Watchのネットワーク接続状態を表しています。

上記画像のアイコンは「iPhoneと接続された状態」を示します。その他、「Wi-Fiネットワークに接続」された状態、「モバイルデータ通信ネットワークに接続」された状態を示すアイコンがあります。

位置情報サービスを使用中

右上の矢印の様なアイコンはApple Watchのアプリが「位置情報サービスを使用している状態」であることを表しています。

Wi-Fi

Wi-Fiの接続・解除

タップすることでWi-Fiの接続・解除を行います。接続状態ではアイコンが青色で表示されます。

機内モード

機内モードのアイコン

タップすることで機内モードのオン・オフを切り替えます。オンのときはアイコンがオレンジ色で表示されます。

バッテリー残量

バッテリー残量

バッテリー残量の確認ができます。タップすると「省電力モード」への移行スイッチが表示されます。

「省電力モード」とは

Apple Watchの「省電力モード」では時間表示以外のすべての機能・通信をオフにすることでバッテリー使用量を節約することができます。Apple Watchを再起動することで「通常モード」に復帰します

iPhoneを探す

iPhoneが見つからないときにiPhoneから音を鳴らすことで発見の手助けをしてくれます。個人的にも頻繁に使う便利機能です。

iPhoneを探す

タップすると「iPhoneを呼び出し中」の表示とともに、連携したiPhoneからアラーム音を鳴らす事ができます。

また、長押しするとアラーム音と同時に背面ライトが点滅するので暗い場所でiPhoneを見つける際に役立ちます。

iPhoneを探す
呼び出し音で迷子の「iPhoneを探す」方法と裏技紹介〜見つからないときも安心!iPhoneが見つからない!? そんな時はApple Watchの便利な呼び出し機能「iPhoneを探す」を使ってみるのをおすすめします。同時に、意外と知らないiPhone探しの裏技もご紹介します。...

フラッシュライト

フラッシュライト

Apple Watchの画面が「フラッシュライト」として機能します。

画面タップで「明るさ切り替え」も

画面を左右にスワイプすることで「白→白・点滅→赤」の3パターンのカラーに切り替えることができます。画面をタップすると明るさが2段階で切り替わります。

おやすみモード

おやすみモード

「おやすみモード」の設定を行います。オンにすると「消音モード・画面が点灯しない」状態になります。

「オン」:オフにするまで有効
「1時間オン」:1時間有効
「今日の夜までオン」:19時まで有効
「ここを出発するまで」:場所を移動するまで有効
「イベント終了までオン」:イベントが終わるまで有効

シアターモード

映画館や舞台を鑑賞するときなどに使用する「消音・非点灯」モードです。

シアターモード

タップすると「シアターモード」がオンになりアイコンがオレンジ色で表示されます。

「シアターモード」では「消音モード・画面が点灯しない」状態が「画面をタップする」、もしくは「ボタンを押す・デジタルクラウンを回す」まで続きます。

防水ロック

プールなどの浅い水深で運動を行うときなどに使用する「誤操作防止」モードです。

防水ロック

画面での操作が一時的にロックされるので水濡れなどによる誤操作を防ぐ事ができます。

防水ロックを解除する方法

防水ロック中にデジタルクラウンを回すとロックを解除することができます。解除の際にはスピーカーから音が出る振動で水を排出します。

消音モード

消音モード

消音モードのオン・オフを切り替えます。オンのときはアイコンが赤色で表示されます。

オーディオ出力の選択

オーディオ出力の選択

AirPlayでイヤホンやスピーカーなどのBluetooth対応の機器と接続します。

トランシーバー

トランシーバー

トランシーバー機能のオン・オフを切り替えます。オンの時はアイコンが黄色で表示されます。

トランシーバーによる会話はオンの状態のときのみ可能になります。

コントロールセンターの使い方まとめ

ユーザーさんの使用環境などによって必要とする機能は大きく変わるはず。

僕は正直、「iPhoneを探す」「バッテリー残量」「おやすみモード」「シアターモード」くらいしか使用していません。

まずは「アイコンの並び替え方法」を参考により使いやすいコントロールセンターを設定してみることから始めると良いのではないでしょうか。

これでApple Watchの「コントロールセンター」の使い方は大丈夫でしょうか?

それなら今度は「Dockの使い方」もマスターしてみませんか?

Apple WatchのDock
Dock(ドック)の使い方と「おすすめ設定」方法意外と悩まれるユーザーさんが多いApple Watchの「Dock(ドック)」機能の使い方を図解を交えて徹底的に解説します。「林檎時計のある生活」はあなたのApple Watchな毎日を応援します♪...