基本情報

【2020】Apple Watch Series6/SE/5/3 気になる新旧モデルの違いを徹底比較【新機能は?変更点は?】

新旧Apple Watch徹底比較

どうも、林檎時計な管理人(@GadgetJP2012)管理人です。ついに来ましたね!

2020年のApple Watchは予想どおりのApple Watch Series6にプラスして新たにApple Watch SEがそのラインナップに加わりました。

このページでは今回登場したApple Watch Series6 & SEと旧モデルとなったApple Watch Series5 & Series3の新旧Apple Watchの仕様・スペックやその変更点などを比較します。

細かい仕様やスペックなどの情報はできるだけ省き、特に重要なポイントを中心にわかりやすくまとめてみました。

あなたのApple Watch選びの参考にしていただければ幸いです。

この記事がおすすめなのは
  • Apple Watch新型モデルのスペックが気になる方
  • 新旧Apple Watchの違いや特徴を知りたい方
  • あなたにあったApple Watchをお探しの方 など

新旧Apple Watch徹底比較

今回は以下の3パターンで比較を行う形でまとめました。

  1. Apple Watch Series6 vs. Series5の上位モデル
  2. Apple Watch SE vs. Series3の下位モデル
  3. Apple Watch Series6 vs. SEの2020年新型モデル

以下

【上位モデル比較】Series6 vs. Series5

まずは新旧Apple Watch上位モデルの仕様や新機能などを中心に比較してみましょう。

Series 6 Series 5
価格 42,800円(税別)〜 42,800円(税別)〜
ディスプレイ LTPO OLED常時表示Retinaディスプレイ 感圧タッチ対応LTPO OLED常時表示Retinaディスプレイ
サイズ 44mm/40mm  44mm/40mm 
材質 アルミニウム/ステンレススチール/チタニウム  アルミニウム/ステンレススチール/セラミック/チタニウム 
チップ  S6(64ビットデュアルコアプロセッサ)/W3(Appleワイヤレスチップ)/U1チップ  S5(64ビットデュアルコアプロセッサ)/W3(Appleワイヤレスチップ)
ストレージ 32GB 32GB
通信 Bluetooth 5.0/Wi-Fi 802.11b/g/n 2.4GHz,5GHz Bluetooth 5.0/Wi-Fi 802.11b/g/n 2.4GHz
バッテリー 最大18時間 最大18時間
その他 感圧タッチの廃止 /新色追加/血中酸素濃度センサー/常時計測の高度計
 コンパス/電気心拍センサー/海外における緊急通報
  • 血中酸素濃度センサーの搭載
  • 明るさが増し屋外での視認性が向上した常時表示ディスプレイ
  • S6チップはS5比で最大20パーセント高速
  • U1チップ(超広帯域)搭載

【廉価モデル比較】Apple Watch SE vs. Series3

下位モデル同士の比較です。Apple Watch Series3は今後も併売が継続となります。

SE Series 3
価格 29,800円(税別)〜  19,800円(税別)〜 
ディスプレイ LTPO OLED Retinaディスプレイ OLED Retinaディスプレイ
サイズ 44mm/40mm  42mm/38mm 
材質 アルミニウム アルミニウム
チップ  S5(64ビットデュアルコアプロセッサ)/W3(Appleワイヤレスチップ)  S3(デュアルコアプロセッサ)/W2(Appleワイヤレスチップ)
ストレージ 32GB 16GB(GPS+Cellulearモデル)/
8GB(GPSモデル) 
通信 Bluetooth 5.0/Wi-Fi 802.11b/g/n 2.4GHz Bluetooth 4.2/Wi-Fi 802.11b/g/n 2.4GHz
バッテリー 最大18時間 最大18時間
その他 常時計測の高度計  Siri/LTE対応/ワークアウト/ストリーミング再生
  • 「旧世代機」(Series3)と「新世代機」(SE)といった差
  • S5チップはS3比で最大2倍高速
  • エントリーモデルはSeries3からSEへと移行か

【新モデル比較】Series6 vs. SE

2020年に登場した新モデル同士の比較です。

Series 6 SE
価格 42,800円(税別)〜 29,800円(税別)〜 
ディスプレイ LTPO OLED常時表示Retinaディスプレイ LTPO OLED Retinaディスプレイ
サイズ 44mm/40mm  44mm/40mm 
材質 アルミニウム/ステンレススチール/チタニウム  アルミニウム
チップ  S6(64ビットデュアルコアプロセッサ)/W3(Appleワイヤレスチップ)/U1チップ  S5(64ビットデュアルコアプロセッサ)/W3(Appleワイヤレスチップ) 
ストレージ 32GB 32GB
通信 Bluetooth 5.0/Wi-Fi 802.11b/g/n 2.4GHz,5GHz Bluetooth 5.0/Wi-Fi 802.11b/g/n 2.4GHz
バッテリー 最大18時間 最大18時間
その他 感圧タッチの廃止 /新色追加/血中酸素濃度センサー/常時計測の高度計
常時計測の高度計
  • GPS+Cellulearモデルは共に「ファミリー共有設定」に対応
  • S6チップはS5比で最大20パーセント高速
  • 常時表示ディスプレイの有無
  • 血中酸素濃度センサーの有無
新しい2機種については「常時表示」と「血中酸素濃度センサー」の違いが大きいですね。逆にチップ性能の差はそこまで体感できないのではと予想します。

【まとめ】あなたにお薦めのApple Watchは?

以上、基本仕様やその変更点などを中心に新旧Apple Watchを比較してみました。

要点まとめ
  • Apple Watch Series6に2色の新色追加(ブルー・PRODUCT RED)
  • Series6に血中酸素濃度センサー搭載
  • 廉価モデルApple Watch SE登場(S4&S5のハイブリッド的なスペック)
  • Apple Watch Series3の併売も継続

販売価格(税別)は以下のようになっています。

  • Apple Watch Series6 : 42,800円〜
  • Apple Watch SE : 29,800円〜 
  • Apple Watch Series3 : 19,800円〜
おおむね予想通りの発表内容ではありましたが、「ファミリー共有設定」については面白そうだなと感じています。あと新色(PRODUCT RED)の追加は想定外でした!

あなたに必要なApple Watchはどれか見えてきましたか?

管理人の評価を簡単にまとめるとしたら、こんな感じでしょうか。

  • 最新のApple Watchをフルスペックで活用したいならApple Watch Series6
  • ”今のApple Watch”を充分なレベルで体験したいならApple Watch SE
  • 明確な目的をもって購入できるのならApple Watch Series3もあり
初めての方におすすめするとしたらApple Watch SEですね。

このあとも新型Apple Watchを中心に新たな情報が入り次第、随時こちらの情報をアップデートしてく予定です。

当ページ、および当サイト「林檎時計のある生活」の更新情報などは以下のTwitterでもお知らせします。

よろしければこちらでもお付き合いいただけると嬉しいです!


管理人のツイッター

Feedlyで購読する

ありがとうございます! それではまた更新しますね。

こちらの記事も合わせてどうぞ♪

最初に読みたい記事
Apple Watchを手に入れたら最初に読んでおきたい記事【10選】Apple Watch初心者さんが最初に読んでおきたい入門記事を集めました♪ Apple Watchの使い方から裏技まで!? あなたのものにしてください。...
Apple Watchでできること
【2020最新】Apple Watchでできること【便利機能をまとめて解説!】Apple Watch(アップルウォッチ)があれば何ができる?何が変わる? 【林檎時計のある生活】ではApple Watchでできる様々な便利機能やその活用事例をご紹介しています。...