使い方

Apple Watchのアクティベーションロックを解除する方法

アクティベーションロック を解除する方法

新しいApple Watchを購入する際にはこれまで使用していた端末を下取り、販売、譲渡などの形で処分されることもあるでしょう。

その際には事前にお使いのApple Watchで有効になっているアクティベーションロックを解除しておくことを忘れないようにしてください。

今回はApple Watchのアクティベーションロックを解除するためのいくつかの手順を紹介します。

当サイトでは正当なApple Watchユーザーのリスクを助長しかねないツールによるアクティベーションロックの強制解除など正規の方法に依らない手順については解説も推奨も一切いたしませんのでご了承ください。

Apple Watchを他者に譲る際のアクティベーションロックの解除忘れなは相手方との無用なトラブルの原因にもなりかねません。以下の手順をしっかりと確認しておいてください。

この記事がおすすめなのは
  • Apple Watchを他者に売ること、譲渡することをお考えの方
  • アクティベーションロックの意味や手順などを知りたい方
  • 手元にないApple Watchのロックを解除したい方
  • アクティベーションロックが解除できずにお困りの方

アクティベーションロックとは

アクティベーションロックはApple WatchやiPhoneなどのアップル製品を盗難などから守るために用意された「探す」機能の1つです。

Apple Watchが盗まれた!?

仮にApple Watchが意図せず第三者の手に渡った場合でも、アクティベーションロックを有効にすることで不法に使用されることを防げます。窃盗犯などの悪意の第三者からするとApple Watchを盗むメリットが少なくなりますので、結果として盗難されるリスクを減らすことにもつながっています。

一方で上記の様なアクティベーションロックの性質上、元の所有者以外がそのプロテクトを無効化することは実質不可能です。Apple Watchを売却や下取り、譲渡する際にはアクティベーションロックの解除を済ませておくとが大切です。

まずは以下の手順をしっかりと確認しておきましょう。

アクティベーションロックの解除方法

Apple Watchを他者に譲り渡す際には事前に端末のアクティベーションロックを解除しておく必要があります。

ここでは以下の2つの手順を解説します。

  1. 手元にあるApple Watchを解除する方法
  2. 手元にないApple Watchを遠隔で解除する方法

Apple Watchがを手放す前に前者の「手元のApple Watchを解除する」方法を実施するのが基本です。が、万一、Apple Watchが手元にない状態でアクティベーションロックを無効化する生じた際には後者の「アクティベーションロックを遠隔で解除する」方法を実施してください。

手元にあるApple Watchを解除する手順

手元にApple WatchとペアリングしたiPhoneの両方を準備します。

Apple WatchとiPhoneは近づけておく

お互いが確実に認識できるよう近づけておきます。

アクティベーションロックの解除・無効化の操作はiPhoneの「Watch」アプリから行います。

watchアプリ

「マイウォッチ」からアクティベーションロックを解除したい端末を選択します。

解除するAppleWatchを選択する「iマーク」をタップ

解除したい端末の「情報ボタン(iマーク)」をタップします。

「Apple Watchとのペアリングを解除」をタップします。

ペアリングを解除「ペアリングを解除」

GPS + Cellularモデル(セルラーモデル)をお使いの場合は「[キャリア]プランを削除」をタップしてください。また、通信事業者でのプラン解除なども忘れずに行いましょう。

画面の表示にしたがいパスワードを入力し「ペアリング解除」をタップします。

パスワードを入力パスワードを入力

アクティベーションロックが無効になりました。解除完了です。

手元にないApple Watchは遠隔で解除する

Apple Watchが手元にない場合はパソコンのブラウザ上で遠隔解除を行うことも可能です。

MacやPCで「iCloud.com」にアクセスし、画面右下にある「iPhoneを探す」をクリックします。

iCloud.comiCloud.com

画面上部メニューの「すべてのデバイス」をクリック。

「すべてのデバイス」をクリック「すべてのデバイス」

表示された端末リストの中からアクティベーションロックを解除するApple Watchを見つけ出しクリックします。

端末を選択

「Apple Watchを消去」をクリックします。

Apple Watchを消去「Apple Watchを消去」

以下、画面の指示に従い操作を進めます。

「消去」をクリック「消去」

アクティベーションロックが解除できたか確認する方法

iPhoneの「Watch」アプリを起動し、「マイウォッチ」からアクティベーションロックを解除を行った端末を選択します。

解除したAppleWatchを選択する

解除を行った端末の「情報ボタン(iマーク)」をタップします。

ペアリング解除ができていない状態

「Apple Watchを探す」のメニューが表示されている時は解除できていません。あらためて手順を確認しロックの解除を行ってください。

解除できないときの対処方法

アクティベーションロックが解除できないとき

Apple Watchが手元にない時は上記の「Apple Watchを遠隔で解除する方法」を試してみてください。

他者から譲り受けたApple Watchの場合は相手方に上記の方法を伝え、対応してもらいましょう。

その他、何かしらの理由でどうしても解除できない時はApple Watch Storeに連絡をとってみてください。事前に設定しておいた「質問」に答えるなどで端末の所有者であることを証明できた場合はアクティベーションロックの解除を行ってもらえます。

紛失?盗難? そんな時はすぐにロックを!

アクティベーションロックをあなたのApple Watchを守るための大切な仕組みです。

万が一、紛失や盗難などのトラブルに遭遇した時はすぐに以下の記事を参考に「紛失モード」の設定やその他の対処を実施してください。

紛失モードの使い方
【紛失モードの使い方】Apple Watchの紛失した時にやるべきことApple Watchの紛失や盗難!? そんな時に備えて「紛失モード」の設定やアクティベーションロックについてしっかり確認しておきましょう。...

【まとめ】アクティベーションロックの解除について

今回は以下の様なApple Watchのアクティベーションロックを解除手順などについて解説しました。

  • アクティベーションロックの必要性とトラブル
  • アクティベーションロックの通常の解除方法
  • アクティベーションロックの遠隔での解除方法
  • ロックが解除できたのかの確認方法
  • ロックが解除できない場合の対処法

アクティベーションロックはあなたのApple Watchを始めとしたApple製品を盗難等のトラブルから守るための大切な機能です。

反面、他者への販売や譲渡などではトラブルの原因となることも多いようです。

お使いのApple Watchを誰かに譲る際などにはこちらのページを参考にしていただき、確実にアクティベーションロックの解除を行えるようにしてください。

また、他者からApple Watchを譲り受ける場合(特に個人売買やウォークション)はロックの解除が正しく実施されていることを事前に確認しておくことも大切です。

不要なトラブルは避け気持ちよく林檎時計のある生活を送ってくださいね。

こちらの記事もあわせてどうぞ!

Apple Watchを初期化して購入時の状態に戻す方法

Apple Watchを 初期化する方法
Apple Watchを初期化する方法Apple Watchを出荷時の状態に戻すためのリセット「初期化」の方法についての解説です。Apple Watchを譲渡や販売する前に、Apple Watchが不調な時に、チェックしてみてください。...

Apple Watchを譲渡する前に絶対確認しておくべきこと

Apple Watchを売る前に
【Apple Watchを売る前にやるべきこと】売却・下取り・譲渡後のトラブル防止のための設定と手順古いApple Watchを販売したり、下取りに出したり、誰かに譲渡したりする際の注意点をまとめています。意外とトラブルが多い事例なので充分に注意してください。...

iPhoneのSIMロック解除も一緒に試してみませんか?

My SoftbankでiPhoneのシムロックを解除してみた話【操作手順と方法まとめ】My SoftBankでiPhoneのSIMロック解除に挑戦してみました。手順はとても簡単。それでいて手数料が無料とやらなきゃそんなレベルです。ロック解除の手順と方法をまとめます。...