基本情報

【Apple Watchを売る前にやるべきこと】売却・下取り・譲渡後のトラブル防止のための設定と手順

Apple Watchを売る前に

中古のApple Watchなどを売買、下取り、譲渡する際などでの注意点について解説します。

特にオークションや個人売買でのApple Watchのやり取りに際してはそのトラブルも少なくはありません。

「購入したApple Watchが使えない!」

なんてクレームやトラブルを避けるためにもしっかりと確認しておきましょう。

この記事がおすすめなのは
  • Apple Watchの下取りや売却を考えている方
  • オークションや個人売買でApple Watchをやり取りしたい方
  • Apple Watchのアクティベーションロックでお困りの方

Apple Watchを販売、譲渡する前に絶対やるべきこと

売るにせよ、下取りに出すにせよ、誰かにあげるにせよ、Apple Watchを他者に譲渡する際に絶対にやっておくべきことがあります。

それはApple Watchを初期化してアクティベーションロックの解除を行うこと。

また、GPS + Cellularモデルをお使いの方は通信設定と事業者との契約関連の対応も忘れずに。

譲り受ける立場の方にとっても同じですね。相手がしっかりと上記を行なってくれているかの確認をすること。

少なくともこれらがクリアできていたら、何かしらのトラブルに巻き込まれるリスクは大きく減少します。

逆にいうと、上記絡みのトラブルは少なくないということです。

以下、解説しますので不安な方はお付き合いください。

Apple Watchの初期化

リセット

出荷時の状態にApple Watchの設定を復元する作業です。

当然、個人情報やクレジットカードなどの情報を残したままのApple Watchを誰かに譲り渡したいと考える方はいないはず。

販売や譲渡の前には以下を参考にしっかりと初期化を行なっておきましょう。

Apple Watchを 初期化する方法
Apple Watchを初期化する方法Apple Watchを出荷時の状態に戻すためのリセット「初期化」の方法についての解説です。Apple Watchを譲渡や販売する前に、Apple Watchが不調な時に、チェックしてみてください。...

ただし、他者へApple Watchを譲り渡す際には必ず「iPhoneから初期化する」方法を実行してください。

Apple Watch本体からの消去では、Apple Watch絡みのトラブルの代表例とも言える「アクティベーションロックの解除」が行われない点には注意しておく必要があります。

アクティベーションロックの解除

アクティベーションロックとはApple Watchを紛失したり、盗難にあったりしたときなどに第三者に不正に使われることを防ぐための仕組みです。

逆に、正当な形で他者に譲り渡した場合でも、アクティベーションロックが解除できていないと相手はそのApple Watchを使い始めることができません。

アクティベーションロックの解除には紐付けられた前所有者のApple IDとパスワードが必要です。つまりは、前所有者にしか解除できないということ。

このアクティベーションロックの解除にまつわるミスによって、特に個人間の売買などでトラブルに繋がるケースが多いです。

Apple Watchを他者に譲渡する際には「アクティベーションロックが解除できているか」を以下の手順で確認しておくようにしてください。

また、相手にApple Watchを譲り渡したあとにアクティベーションロックの解除ができていないことが発覚した場合、以下の手順で遠隔でロックの解除を行うことも可能です。

GPS + Cellularモデルをお使いの方

アクティベーションロックを解除する際には「キャリアプランを削除」の選択を。

アクティベーションロック を解除する方法
Apple Watchのアクティベーションロックを解除する方法新しいApple Watchを購入する際にはこれまで使用していた端末を下取り、販売、譲渡などの形で処分されることもあるでしょう。 ...

また、通信事業者とのモバイルデータ通信プランなどの契約を解約するのも忘れないでくださいね。

中古のApple Watchを購入する際には

個人間売買は気をつけて

以前の所有者が上記を実施できているのかの確認は事前に行なっておきたいですね。特にアクティベーションロックについては充分注意してください。

業者から購入する際にはアクティベーションロックについての補償などはあるのかななども事前に確認しておけると安心かと思います。

万が一、アクティベーションロックの解除が行われておらず、Apple Watchを使うことができない場合は、相手に連絡を取り

手元にないApple Watchは遠隔で解除する

を実行してもらってください。

ただし、無用なトラブルを避けるためにも事前の確認はしっかりと行なっておくことが大切です。

まとめ

アクティベーションロックはApple Watchユーザーをリスクから守るための強力で頼りになる機能です。

一方でやや分かりづらい機能であることも確かです。

特に個人売買などでは、売り手であれ、買い手であれトラブルの原因になることが多いです。

事前にしっかりと確認しておいていただければと思います。

おたがい気持ちの良い林檎時計のある生活を過ごせると良いですね。