使い方

Apple WatchでMacのロック解除をできるようにするための設定方法

Macの自動ロック解除

どうも、林檎時計な管理人(@GadgetJP2012)です。Apple Watchが連携できるのはiPhoneだけじゃないですよ?

たとえば、Apple WatchによるMacの自動ロック解除機能

Apple Watchを身に着けてさえいれば、Macのスリープ解除の際のパスワードの入力は一切不要に。すぐにMacを使い始めることができる便利機能です。

一見すると「たったこれだけ」な機能ではあるのですが、そのジワジワと効いてくる感がまさにApple Watch!といった感じで僕にとってはかなりお気に入りな機能の1つ。

Macのロック解除された際にApple Watchが「開けてやったぜ!」と軽く自己主張してくるところなんかも可愛くてw

こちらの記事では

  • Apple WatchでMacのロック解除する仕組みや方法
  • ロックの自動解除を有効にするための設定
  • 自動ロック解除を行う際のの注意点

などについてまとめいています。

以下のような方はぜひ参考にしてください。

この記事がおすすめなのは
  • Macの自動ロック解除の方法がわからない
  • Apple Watchを近づけてもうまく解除できない
  • ロック解除が遅い、不安定で困っている

自動ロック解除を行うためのシステム条件

Apple WatchによるMacの自動ロック解除が利用するには以下の条件を満たすディバイスが必要になります。

watchOS 3 以降 macOS Sierra 以降
  • Apple Watch (第 1 世代)
  • Apple Watch Series 1
  • Apple Watch Series 2
  • Apple Watch Series 3
  • Apple Watch Series 4
  • Apple Watch Series 5
  • MacBook (2015 年以降に発売されたモデル)
  • MacBook Pro (2013 年後期以降に発売されたモデル)
  • MacBook Air (2013 年以降に発売されたモデル)
  • Mac mini (2014 年以降に発売されたモデル)
  • iMac (2013 年以降に発売されたモデル)
  • iMac Pro (すべてのモデル)
  • Mac Pro (2013 年以降に発売されたモデル)

(引用:Mac、iPhone、iPad、iPod touch、Apple Watch で連係機能を使用するためのシステム条件

Apple Watch Series3以降の端末でMacのロック解除を行うにはmacOS High Sierra以降のOSが必要です。

また、お使いのMacが自動ロック解除に対応しているかは以下の手順でも確認することができます。

「このMacについて」>「システムレポート」>「Wi-Fi」の順にメニューを進めます。

「このMacについて」「このMacについて」

「自動ロック解除:」の項目が「対応」になっていればお使いのMacは自動ロック解除に対応しています。

自動ロック解除「自動ロック解除: 対応」

Macでの設定方法

Apple Watchを使ったMacのロック自動解除の有効化はMac側で設定を行います。

「システム環境設定」を起動し「セキュリティとプライバシー」をクリック。

システム環境設定「セキュリティとプライバシー」

「一般」を選択し、「Apple Watch を使ってアプリケーションとこの Mac のロックを解除」を選択。

Apple Watchを使ってアプリケーションとこのMacのロックを解除「Apple Watchを使ってアプリケーションとこのMacのロックを解除」

※Apple Watchが複数ある場合は端末ごとに指定します。

自動ロック解除ができない時の確認事項

Macのロック解除は同一IDのロック解除されたApple Watchが近距離にある状態で行われる仕組みになっています。これによって第3者が勝手にApple Watchを持ち出してMacのロック解除を行うなどの悪用を防ぎます。

ロック解除が上手く行かないのはその仕組が機能している可能性が高いです。

上手くロックが解除されないときは以下の点を確認してください。

Apple Watchのパスコードがオンになっている

自動ロック解除を有効にするためにはApple Watchのパスコードが設定されている必要があります。

パスコードの設定はApple Watchの「設定」アプリで行います。

パスコードの設定
設定アプリ
意外と見落とす?「設定」アプリの使い方、設定できる項目などを一気に解説Apple Watchの「設定アプリ」で設定できる各種項目とその方法について解説しています。各種機能のオン・オフの切り替えやApple Watchをつける腕の指定方法、Siriやパスコードの設定など。...

AppleIDの「2ファクタ認証」が有効になっている

Macの自動ロック解除を行うためには「2ファクタ認証」を有効化しておく必要があります。

参考:Apple ID の 2 ファクタ認証の提供状況

Bluetooth及びWi-Fi設定がオンになっている

Mac側のBluetoothとWi-Fiがオンになっていることを確認します。

先の「システム条件」を満たし、かつ上記の設定が正しく行われているにもかかわらずロック解除が上手く機能しない時はまずMacの再起動を試してみてください。

注意:ロック解除できる距離は意外と・・・

その時々の環境などにも左右されるようですが、Macとの距離が3メートル位なら自動ロック解除は反応することもあるようです。

複数の人間が出入りするような部屋などでの使用は念のため気をつけておいたほうが良さそうです。

まとめ:林檎時計にさらなるMacとの連携を

Apple Watchを近づけるけで(実際はこの感覚すら無いわけですが、、)すぐにMacを使い始める事ができる。

ほんの数秒間のショートカットではあるものの、その快適さは一度でもこの機能を使った事があるなら同意していただけるはず。

ぜひあなたもこの快適さを体感してみてください。

ただ、現状ではApple WatchとMacの連携はこの自動ロック解除とパスワード認証くらいのもの。(間にiPhoneを挟むことでできることはありますが)

Macの次世代OS「macOS Big Sur」の登場以降、iPhoneとMacの連携がますます強化されていくことも期待されます。

その過程でApple WatchとMacの連携もより強化されると良いな、と妄想することしきりです。

それではまた更新します。ありがとうございました!

Apple Watchにはまだまだ多くの便利機能がありますよ? Apple Watchでできること、もっと知りたい方はこちらをどうぞ。

Apple Watchでできること
【2020最新】Apple Watchでできること【便利機能をまとめて解説!】Apple Watchがあれば何ができる?何が変わる? 【林檎時計のある生活】ではApple Watchでできるあんなことやこんなこと! その活用事例を徹底的にご紹介しています。...