使い方

OSをアップデートする方法 【Watch OS 5 以前・ Watch OS 6以降 対応手順】

Apple Watch OS のアップデート手順

2019年9月リリースの「Watch OS 6」ではApple Watch単体でのOSアップデートが可能になりました。

ここではApple WatchのOSをアップデートするための方法をご紹介しています。

OSのアップデートは最新機能を使うだけでなく、セキュリティー対策などApple Watchを安心して使い続けるためには必須の作業になります。

決して難しいものではありませんので以下の手順を確認してアップデートのための操作を進めてみてください。

「Watch OS 6」でのOSアップデート手順

OS最新版へのアップデートがある場合はお使いのApple Watch、iPhoneに通知が届きます。

アップデートの通知

Apple Watchの「設定」を立ち上げ「一般」をタップします。

設定アプリからアップデート「設定」>「一般」

「ソフトウェア・アップデート」をタップします。OSのアップデートがある場合はそのまま「インストール」をタップ。

「インストール」をタップ「ソフトウェア・アップデート」>「インストール」

パスワードの入力を求められた場合はタップして入力。

パスワードの入力

アップデートのインストールが開始されます。

アップデート中のApple Watchアップデート中

インストールを開始するためには以下の条件が必要です。

  • Apple WatchがWi-Fiに接続されていること
  • Apple Watchが充電器に接続されていること
Apple Watchのアップデート中は充電器から取り外さないでください。

アップデートが完了しました。お疲れさまでした!

アップデート完了

「Watch OS 5」までのOSアップデート手順

「Watch OS 5」までのバージョンのApple WatchではOSのアップデートはiPhoneの「Watch」アプリから行います。

アップデートの通知

アップデートはアプリアイコン上に表示される「赤丸のバッジ」の通知で気づくことが多いです。

「マイウォッチ」の「一般」をタップ。続いて「ソフトウェア・アップデート」をタップ。

アップデートの確認

アップデートがある時は、アップデート内容などが画面に表示されます。「インストール」をタップ。続いて「パスワード」の入力を行います。

ダウンロードとインストール

アップデート用のデータがまだ端末にダウンロードされていない時は、上記画像の「インストール」ではなく「ダウンロードとインストール」と表示されます。同じくタップして、次に進めてください。

アップデートのインストールが始まります。

インストール開始

アップデートを行う際は、Apple Watchを以下の状態にしておく必要があります。

  • 充電器に接続されている
  • Wi-Fiに接続されているiPhoneの通信圏内にある

アップデート中は基本、Apple Watchを操作することはありません。

インストールの進行状況はApple Watchの画面のサークル部分で確認できます。

アップデートの進行状況

アップデートが完了しました。

アップデート完了

アップデートにかかる時間について

以前と比べるとアップデートにかかる時間は短くなってきているように思います。

ですが、アップデート内容や使用しているApple Watch、iPhoneなどの機種、通信環境などによって、所要時間にはかなりのばらつきがあるようです。

場合によっては数10分以上の時間が必要になることもあります。

基本、慌てずじっくりとアップデートを進めてみてください。